ライザップ・イングリッシュの口コミ・評判を会社員目線でまとめてみる

今回は「ライザップ・イングリッシュの口コミ・評判」を会社員目線でまとめていきます。

  • こんな方に読んでいただきたいです
  • ライザップ・イングリッシュに興味がある人
  • 会社員の客観的な意見が知りたい人
  • 英語独学者からみた本音を知りたい人
  • この記事の内容
  • ライザップ・イングリッシュのレビューを見て思ったこと
  • ライザップ・イングリッシュを利用する価値はあるか?(本音を暴露)
  • 結局は「自分がどうなりたいのか?」を考えてみよう

この記事を書いている僕は28歳のサラリーマンです。

日本で有数のグローバル企業で、仕事で英語を使うことも頻繁にあります。

元々、英語が得意だったわけではなく、大学時代のふとしたキッカケで英語にハマり、猛勉強しました。

結果、TOEICは860点(IPテストでは940点)や日常英会話を身に付けられました。

今回は、こんな筆者が最近話題の「ライザップ・イングリッシュ」について本音を暴露していきます。

それでは、早速本題に入っていきましょう。

ちなみにライザップ・イングリッシュはこんなインパクトのあるホームページです。

ギラギラしていて、見ているだけでやる気になりますね。

目次

ライザップイングリッシュのレビューを見て感じたこと

はじめにですが、筆者はライザップ・イングリッシュを利用したことはありません。

この記事は実体験レビューでなく、「実体験レビューのレビュー」という観点で述べていきます。

というのも、ネット上には体験レビューが多数ありますし、すごく分かりやすくまとめられているので…。

そんな体験レビューの中でもリアルな記事を3つに基づいて、持論を展開していきます。

※正直、読むだけでライザップ・イングリッシュを体験した気持ちになれますよ

これが1番のインパクト:料金50万円は高いのか?

1つ目は料金についてです。

「ライザップイングリッシュ=料金が高い」というのは世間の一般常識のようですね。

どのコースを受講するかにも依りますが、3か月で50万円ほど必要

単純に50万円と聞くと高額だと思いますが、「マンツーマンレッスンの相場ってどれくらい?」という疑問が湧いてきました。

そこで、同じようなレッスンを調べてみたところ、こんな感じです。

1ヶ月あたり5万円〜30万円程度

※参考:英語のコーチングスクールおすすめ18社を徹底比較!【比較表あり】

つまり、ライザップイングリッシュは業界の相場としては極端に高価ではないんですね。

ライザップイングリッシュの特徴から考えてみると分かりやすいかもしれません。

  • 優秀なスタッフがマンツーマンでレッスン(人件費)
  • 都心でアクセスの良いところにオフィス(固定費)
  • 数々の成功者を生み出している実績(ブランド)

人件費の高い先生がマンツーマンで教えてくれるので高価なのは当たり前かもしれませんね。

逆にいうと、「教えるのが得意+英語ができる」であればスタッフ側になれるという事です。

「英語という付加価値であなたのスキルに+αできる」と考えた時に50万円が高いのか?安いのか?妥当なのか?を考えてみると良いですね。

リターンがすぐに思いつくのであれば、意外とお得なのかもしれません。

目標と現状のギャップ→最適な指導を受けられそう

2つ目はレッスン受講前の自己分析についてです。

ライザップでは下記の流れで進んでいくとのこと。

  1. カウンセリングを受ける
  2. 3ヶ月後、最終的な目標を問われる
  3. 実力確認テストを受ける
  4. 苦手分野を認識する
  5. ライザップイングリッシュの説明を受ける
  6. コースを選ぶ(or カウンセリングで終了)
  7. 体験レッスンを受けてみる

まず個人的に素晴らしいと感じたところはこちら。

受講者の現在の能力と目標を確認し、その差を埋めていくようにレッスンを組むところ

これは仕事を進める上でも最も重要な事ですし、簡単そうで難しいところですね。

おそらく、ここににライザップのノウハウが詰め込まれているのでしょうね。

正直なところ、独学で取り組んでいると

「面倒なことは後回し。とりあえずできるところからやる!」

このようになりがちです。

そのような独学の弱い点をコーチングして貰えるのは非常に素晴らしいと思います。

たっぷりの宿題は強制的に学習基盤を作るため

3つ目はたっぷりの宿題についてです。

英語学習の1番の敵は「学習が続かないこと」です。

このブログでも紹介しているように、英語の学習方法はある程度完成されています。

  • どのように勉強すればスコアが上がるのか?
  • 何を意識すれば話せるようになるのか?
  • 効率を求めるなら、どの順序で進めるべきなのか?

このようなノウハウが世間に溢れているにも関わらず、多くの人が挫折しているのが現状です。

そこを徹底的にかつ強制的に取り組むのがライザップイングリッシュなんだと思います。

「もうやるしかないやん!!」

こんな状況を強制的に創り出しています。

考えてみて下さい。

  • 3ヶ月で50万円のレッスン料
  • モチベーションを維持させてくれるコーチ
  • 頑張れば何とか消化できる量の宿題・レッスン

あなたがこんな状況に置かれたら、どうすると思いますか?

答えは「YES」しかないですよね。

このような強制的に学習せざるを得ない期間を3ヶ月も過ごせば、学習の基盤は完成します。

その後は独学でどこまでも勉強できるという意味です。

ライザップイングリッシュの1番の強みはコレだと思います。

ライザップ・イングリッシュを利用する価値はあるか?

先ほどはライザップイングリッシュのレビューを見て、基本情報や仕組みを共有してみました。

おそらく、皆さんの頭の中にあるのはこの疑問ではないでしょうか?

「ライザップイングリッシュって50万円の価値はあるのか?」

ここでは、この疑問に答えていきますね。

結論:ライザップイングリッシュに50万円の価値は無い。しかし…

結論はタイトルの通り。

ライザップイングリッシュに50万円の価値は無いと思います。

しかし、状況次第で利用する価値はあるとも思ってます。

どんな状況であれば、利用する価値はあるのか?

ほとんどの方がお金を理由に迷っていると思うので、お金で考えてみましょう。

例えば、こんな状況だったら利用すべきでしょう。

  • 昇進資格に英語が必要であり、3ヶ月後にはTOEIC200点UPする必要がある
  • 海外駐在のチャンスがあり、そのために半年後に日常英会話の試験がある
  • 転職を考えており、英語ができれば収入が20%以上UPする

つまり、昇給や特別手当などのチャンスが目先にあり、期限が限られている状態です。

チャンスを逃したときに具体的に自分がどれくらいの収入を棒に振ることになるのか?

その金額が50万円よりも小さいのであれば、確実にチャンスを掴めるようにライザップに飛び込むべきだと思います。

お金に加えて、周囲からの信頼もありますねからね。

最近流行りの資産運用よりも自己投資の方がリターンは大きい

先ほどは目先の利益に着目して述べましたが、少しだけ先を見据えて考えてみましょう。

将来のリターンを考える時、資産運用を考える人も多いと思います。

最近は老後2000万円問題というインパクトのある問題提起もあるため、将来の資産を意識している方も増えていますね。

確かに資産運用で利益を生み出す方法は多数存在します。

(もちろん100%増えるわけでは無いですが…)

ただ、大きな注意点が1つあります。

それは、数十万円程度のお金では将来の蓄えに繋がるほどリターンは生まれないということです。

少し厳しい言い方になりますが、ライザップイングリッシュの50万円を悩んでいるレベルでは資産運用を考えるレベルに到達していないということです。

考えるべき2択は下記の通りです。

  • 数十万円を投資に回して、数千円(もしかしたら数万円)のリターンを得るのか?
  • 自分のスキルに投資して、大きなリターンを得られる可能性にかけるのか?

もちろん自分が60歳のおじいちゃんなら、迷わず前者です。

まだまだ自分の基礎収入を増やしたいと思うなら、後者の方が魅力的に映ると思います。

※ちなみに高収入者ほど自分のスキルへの投資が多いというデータもあるとのこと(もちろん貧乏の頃から)

結局、勉強するしかないんですね。

ところで筆者はライザップイングリッシュを利用するのか?

私はライザップイングリッシュは利用しません。

理由はTOEIC860点(非公式940点)ですし、日常英会話は可能だからです。

それに英語を勉強することは好きですし、独学でも取り組み続けることができます。

ただ、こんなライザップがあれば、迷わず申し込むと思います。

ライザップ・イラストレーション

理由は下記の通り。

  • イラストに興味はあるが、基本が分かっていないから
  • 独学で取り組んだことはあるが、挫折した過去があるから
  • イラストのスキルがあれば、副業ですぐに投資を回収できる自信があるから

正直、ライザップの仕組みでスキルが身に付けられるのは幸運だと思います。

英語に対して、上記のような理由があるのなら一度カウンセリングを受けてみるも良いかもしれませんね

結局は「自分がどうなりたいのか?」を考えてみよう

ライザップイングリッシュを利用する価値について、先ほどはお金という基準で述べてきました。

50万円のレッスン料を回収できるかどうか?という判断基準でしたね。

個人的には50万円くらいなら、簡単に回収できると思っています。

英語というスキルは何事にも掛け合わすことができるからです。

  • 英語+仕事=ビジネスの幅が広がる
  • 英語+趣味=情報収集の幅が広がる
  • 英語+旅行=海外旅行がもっと楽しくなる

たかが英語ですが、されど英語なんです。

この先の人生において、英語ができるという+αの価値は想像以上だと思います。

そのキッカケをライザップイングリッシュで手に入るのならば、意外とお得ではありませんか?

とは言っても、最終的に決めるのはあなた自身です。

周囲のアドバイスはあくまで助言でしかない

周囲に相談することは悪いことではありません。

しかし、アドバイスに従って決断した結果が失敗に終わっても、周囲は気にしてくれません。

(もしかしたら、家族や親友は親身になってくれるかもしれませんが)

あなたが相談される側の立場になって考えてみると分かると思います。

何が言いたいのかというと「周囲はあなたを守ってくれない」ということです。

会社も学校も友達もです。

どんな時でも確実に信じられるのは自分自身です。

「終身雇用は終わった」とか「転職が当たり前の時代」と言われる現代では、自分のスキルを高めておくことが最も安心できる投資だと思いますよ。

自分の人生は自己責任と考える方がハッピーになれる

最後に感情面も考えてみましょう。

「会社の先輩がおすすめしてくれたから、ライザップに申し込んだのに…。」

こんな負の感情はどこにもぶつけられませんよね。

グッと堪えて、自分の中で消化するしかありません。

誰かのせいにするのは簡単ですが、苦しむのは自分自身なんですよね。

このように考える方がハッピーではありませんか?

「やっぱり自分で決心したんだから、最後まで頑張ろう!」

自分の感情を左右する因子は、できる限り自分で決める方が幸福度は高まりますよ。

保留という選択からは何も生まれない。とりあえず行動が結果に繋がる。

なかなか決心できないときに「保留」という選択肢が現れますよね。

ただ、これはできる限り選ばないのが吉ですよ。

そのことを考えてきた時間が無駄になりますし、結局のところ再考することはほとんどないですからね。

「やる」or「やらない」は1週間以内に決めてしまいましょう。

ライザップイングリッシュに話を戻します。

ライザップイングリッシュには安心の30日間返金保証があります。

ほとんどの方が気にしているお金に関しては、とりあえずスルーして考えられますね。

ここで、自分に質問してみて下さい。

「ライザップイングリッシュが無料だったら申し込みますか?」

この問いに対する答えが「あなたのライザップイングリッシュに対する答え」です。

最後に僕の中の重要な考え方を紹介して終わりますね。

「迷う理由がお金なら選べ。選ぶ理由がお金ならやめておけ。」

ちなみにもう少しコストを抑えて、オンライン英会話を検討中の方はこちらの記事がおすすめです。

ライザップよりもお財布に優しいオンライン英会話サービスがまとめれています。

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

thirteen + eleven =

目次
閉じる