転職・キャリア

【これからの時代】会社に依存した生活が危険な3つの理由

悩んでる人
このまま会社で働いてて大丈夫なのかな?でも、今まで会社で積み上げてきたものがあるから、簡単に転職とできないな…。
副業するにしてもやり方とか分かんないし、そもそも時間がないよ…。

今回はこんな悩みにお答えします。

 

この記事の内容

  • 会社に依存した生活が危険な3つ理由を解説
  • 会社依存から抜け出す方法を紹介

 

この記事を書いてる人

この記事を書いている私は大手メーカー(時価総額TOP10)で働く2年目の会社員です。比較的安定している大企業ですが、それでも実際に働いていると会社依存は危険だと感じます。まだまだ2年目も若手社員であるからこそ、会社内の異常さに毒されておらず感じたことを客観的に伝えることができます。

 

昭和〜平成の時代は「働けば働くほど利益が生まれ、経済成長と同時に収入を増やすこと」ができていました。
簡単に言えば、1つのところで働き続けても安定した収入を得続けることができた時代です。

一方で、これからはそのような時代ではありません。
特にコロナの影響により、1つのところで働くことの不安定さを感じた人も多いはずです。
大企業で働く筆者ですら感じたので多くの人がそうだと思います。

このようは情勢を踏まえて、この記事では以下のような構成となっています。

前半:会社依存が危険な理由を解説
後半:会社依存から抜け出して、安定した生活を送る方法を紹介

この記事を読めば、人生のリスクを減らすことが可能となり、選択肢の多い人生を過ごせるようになりますよ。

それでは本題に入っていきます。

 

 

会社に依存した生活が危険な理由を解説

会社に依存した生活が危険な理由を解説
ほとんどの人はこのような点で会社に依存した生活を送っているはずです。

  • 働く場所・時間
  • 働く仲間
  • 働いて得る収入

生活の中心に「会社」という存在があり、それに合わせて生きているはずです。
その中で最も依存すると危険なのが「収入」です。

ここで述べる、会社に依存すると危険な3つの理由は以下の通りです。

  • 会社が倒産したら収入なし
  • 会社を首になったら収入なし
  • 生き方が制限される(幸福度が低下)

順に述べていきます。

 

会社が倒産したら収入なし

これまでは「会社が倒産する」というのはあまり考えられませんでした。
しかし、コロナにより「会社が倒産する」ということが現実的に認識されました。

2020年9月現在でコロナにより倒産に追い込まれた企業は500社近くになっています。

新型コロナウイルスの影響で倒産した企業は、4日までに合わせて489社に上り、早ければ来週にも500社を超える可能性があります。また、影響が長引けば廃業を検討せざるをえない中小企業が増えるという調査結果もあり、地域経済への影響が懸念されています。

出典:NHKニュース(データ:帝国データバンク)

このように数字として目の当たりにすると現実的にならざるを得ませんね。
倒産している会社は中・小企業ばかりですが、大企業勤務でも安心はできません。

その理由はこれから述べていきます。

 

会社をクビになったら収入なし

「会社が倒産したら収入が無くなる」というのは大企業勤務の人たちはあまり感じられないかもしれません。
しかし、会社をクビになるという可能性は十分にあり得るんじゃないでしょうか?

実際にコロナによる解雇・雇い止め数は2020年8月末時点で5万人超えとなっています。

厚生労働省は1日、新型コロナウイルス感染拡大に関連する解雇や雇い止めが、8月31日時点で見込みも含めて5万326人になったと明らかにした。この1カ月余りで1万人が職を失い、失業者の増加に歯止めがかかっていない。政府は雇用助成の日額引き上げなど特例期限を12月末まで延長して対応するが、感染収束の兆しは見えず、非正規労働者を中心に厳しい雇用状況が続く。

出典:Yahooニュース(データ:厚生労働省)

正社員が解雇されるのは順番的には派遣社員などの後なのでまだ大丈夫かもしれませんが、収入面では既に影響が出始めています。
実際に私の仕事では多くの企業と取引を行うので密に連絡を取り合いますが、残業禁止や金曜日休み等により人件費を削減している企業があります。

これまで会社員は収入面で安定だと言われていましたが、今後はそうでなくなりそうですね。
「大企業勤務の安定」に関してはこちらの記事で述べているので、もし良ければチェックしてください。

大企業勤務が安定の時代は終わった?【体験者は語る】

続きを見る

 

生き方が制限される(幸福度が低下)

会社に依存すると危険な理由は収入面だけではありません。
以下のように生活が制限されてしまうからです。

  • 会社の近くで暮らす必要あり(好きな所に住めない)
  • 会社の時間に働く必要あり(柔軟に生きられない)
  • 嫌な人とも働く必要あり(好きな人と働けない)

収入のために多くのことを制限されてしまうと人生の幸福度が下がってしまいます。
何のために生きているのか分からなくなってしまいますね。

 

会社に依存した生活から抜け出す方法を紹介

会社に依存した生活から抜け出す方法を紹介
会社依存の生活から抜け出す方法を紹介していきます。

幸運なことに、現代は会社に依存しない方法が多数存在します。
おすすめは以下の通りです。

  • 会社を離れても活かせるスキルを習得する
  • 副業して収入源を増やす
  • スキルUP・副業可能な環境で働く

順に述べていきます。

 

会社を離れてもすぐに就職できるスキルを身に付ける

会社を離れても就職できるスキルを身に付けておきましょう。
普通の会社員をしていると「その会社でしか通用しないスキル」ばかりの習得してしまいます。

会社を離れてもすぐに就職できるスキルとは、例えばこのようなものです。

  • 英語(永遠に需要のある万国共通のスキル)
  • プログラミング(IT系の発達により需要増加)
  • お金系(個人で稼ぐ時代=個人でお金の運用)

実際に転職サイトクラウドソーシングどのようなスキルが需要あるのか調べてみるのが確実です。
実際にやりたい仕事を見つけて、それに必要なスキルを身に付けるのが効率的です。

また、どのようなスキルがあると市場価値が高い人間なのかを調べることもできます。
現在の年収と市場価値を比較してみましょう。

チェック

 

副業をして収入源を増やす

副業で収入源を増やすことができれば、会社への依存度を下げることができます。
会社以外の時間だけでも本業程度まで収入を増やすことは十分に可能です。

今の時代はスマホ一台でも稼げる時代です。

  • 動画編集(クラウドソーシングで案件多い)
  • ブログ、note等のライティング
  • フリマアプリを通しての物販

ちなみに副業は基本的にIT系がおすすめです。
副業で稼ぎつつ、実用的なスキルが身に付くからです。

 

スキルUP・副業が可能な環境に身を置く

とはいえ、スキルUP・副業をする時間が無ければ、元も子もありません。
それこそ会社依存度Maxという状態です。

実際に私は残業30時間(/月)くらいですが、それ以上になると副業やスキルUPの時間も体力もなくなります。
そのような時は真っ先に転職を考えてみましょう。

転職サイト転職エージェントは併用することがおすすめです。
自分の市場価値を知った上で新しいキャリアへ進めますよ。

一度読んでみてください。


おすすめの転職エージェントを紹介【仕組みを知れば安心できる話】

続きを見る

 

この記事のまとめ

この記事のまとめ
この記事では「会社に依存した生活が危険な理由」と、それを踏まえて「会社依存から抜け出す方法」について述べてきました。
まとめると以下の通りです。

 

会社に依存した生活が危険な3つの理由

  • 会社が倒産したら収入が無くなるから
  • 会社を首になったら収入が無くなるから
  • 生き方が制限されるから(幸福度が低下)

これまでの時代は当たり前のように会社員をしていれば、安定した生活が送れていましたが、これからは違います。
コロナで目の当たりにした現実を思い出してみましょう。

 

会社に依存した生活から抜け出す方法

  • 会社を離れても活かせるスキルを習得する
  • 副業して収入源を増やす
  • スキルUP・副業可能な環境で働く

自分の市場価値を見直して、どのようなスキルが市場で求められているのかを確認してみることがおすすめです。
もっとも簡単な方法は転職エージェントのカウンセリングを受けることです。

最後まで、読んで下さり、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

よっしー

【”英語”の付加価値であなたのキャリアを好転させる】|【勤務】日系大手メーカーの開発チーム|【英語歴】TOEIC860点、リーディング大学院、国際学会発表|【発信内容】英語×キャリア、バリキャリの日常コラム|【その他】男、27歳、サッカー、旅行、車、小説、ゲーム|パスポートすら持っていなかったボクでもTOEICがキッカケで人生が変わった。こんな経験に基づく情報をありのまま伝えていきます。

-転職・キャリア

© 2021 ECOC BLOG, All Rights Reserved.