転職・キャリア

就職活動の逆質問の準備方法【面接は最後の印象まで対策しよう】

2020年3月1日

逆質問って何なの?
悩んでる人
よっしー
面接の最後する”面接官への質問”のことだよ!
それってした方がいいの?しないと落ちるとか?
悩んでる人
よっしー
ズバリ、した方が良いよ。それだけで落ちることはないけど、印象UPできるからね!

今回は記事では就活生のこんな悩みを解決します。

・逆質問って、何をすれば良いのか分かんないや〜。

・逆質問って合否と関係あるのかな〜?

・そもそも逆質問って何?

 

この記事では、「面接の逆質問」について、以下のようなことが書いてあります。

・そもそも逆質問とは?

・逆質問を通して何を評価しているのか?

・具体的な逆質問の準備とコツ

 

本記事を読めば、逆質問のやり方やコツを知ることができます。

つまり、面接の締めくくりである逆質問を攻略して、後印象UPすることができるのです。面接官といえど、人間ですので印象は良いに越したことありません。

大企業4社から内定をゲットした私が、「逆質問」について解説します。

ちなみに「ESの書き方」と「面接の攻略法」は別の記事で述べているので、良かったら参考にしてください。

大企業に受かるエントリーシート(ES)の書き方【ESの必勝フォーマットを紹介】
【就活面接術】大企業に受かる面接の対策方法【徹底的に準備!】
よっしー
逆質問は面接での意外な評価ポイント!しっかりポイントを抑えて、内定ゲットに繋げよう!

 

そもそも面接の逆質問って?

そもそも面接の逆質問って?

逆質問とは、「学生から面接官への質問」のことです。面接では「面接官から学生に質問するので、それに対して「逆」ということです。

タイミングとしては、「面接の最後」にすることがほとんどです。

面接官が「では、こちらからお聴きしたいことは以上です。もし良ければ、何か質問したいこと、もしくはまだアピールしたいことがあればお願いします」と言ったら、ここが逆質問タイムです。

アピールしても構いませんが、この記事では逆質問に関して述べていきます。

逆質問が何のために存在しているのか、それは2つ意味があります。

・「率直に聞きたいことはないか?」という質問タイム

・「この企業で働くことをどれくらい考えているか?」という評価タイム

質問タイムに関しては文字通りです。セミナーや講義終わりの質問と同じで気になることを聞けば良いです。しかし、これで評価が上がることはほとんどありません。

しかし、下がる可能性はあります。それは、一度言ったことやモラル的に怪しいことを聞いた時です。

気をつけましょう。

一方で、評価タイムとして利用することができれば、評価を上げられる可能性があるので準備は必須です。

「この企業で働くことをどれくらい考えているのか?」に対する回答を暗に与えるような質問をすれば良いのです。

それが逆質問のコツということです。

詳しく述べていきます。

 

逆質問の準備とコツ

逆質問の準備とコツ

逆質問は絶対に準備しておきましょう。

先輩たちが表向きには「何も準備してない。その場で気になったこと聞いただけやで!」っていうのは当てになりません。

仮に何も準備していないと、

・「いえ、結構です」と断るかもしれません。しかし、これはNGです。

・就活中は質問意識が上がっているのでホームページや説明会で既出の質問をするかもしれません。これもNGです。

このようになることが予想できます。

それでは、具体的な準備方法とコツを述べていきます。

 

逆質問の準備

「どのような逆質問が評価されるのか」というと、以下の要素を含んでいる質問です。これらの要素を含んでいる質問を準備しましょう。

要素1:この会社で働くことを想定している

要素2:もっと成長しようとしている

要素3:面接の場でしか聞くことができない

順に説明していきます。

 

要素1:この会社で働くことを想定している

この要素が意味するのは「この企業から内定をもらったら、ここに就職するぞー」という第1志望であることを暗に示すことです。

選考が最終に近いほど、この要素は重要となります。

具体的には以下のような質問です。

・職場内で交流するようなイベント等はありますか?

・本日、この街に初めて来て良い町だと思いました。実際の住み心地はどうですか?

・(学部生の場合)入社後の研修では院卒の方と区別されたりしますか?

 

要素2:もっと成長しようとしている

この要素が意味するのは向上心があることを示すことです。新卒採用の場合、入社後は右も左も仕事のことはわかりません。そこで、唯一違いを生むのは「やる気があるかどうか」です。

・入社するまでに、これをしておくと良いことってありますか?

・社内教育が充実していると伺いましたが、自分で選択して受講できるのでしょうか?

・プライベートでTOEICや資格を取得した場合は評価に含まれますか?

 

要素3:面接の場でしか聞くことができない

この要素にはそれほど深い意味はありません。また、難しい質問だと思います。強いていうなら、「機転が利く・チャンスを物にするか」です。

・面接中に疑問に思ったことを聞く

・自分で頑張って調べたが、わからなかったことを聞く

*注意:プライベートなことや笑いを誘うことはハードルが非常に高いので基本はNGです。

 

逆質問のコツ

逆質問は絶対にすべきです。

しかし、面接官が答えにくいこと・面倒なことは聞かないようにしましょう。なぜなら、面接官は朝から夕方までずっと面接をして疲れているからです。面接官といっても人間ですからね。

具体例は以下の通りです。

・抽象的なこと(例:この会社に入社して一番やりがいを感じたことを教えてください)

・ライバル企業のこと(例:〇〇社の〇〇製品について、どう思いますか?)

・個人情報や機密に関わること(例:〇〇が来年に発売されると伺いましたが、それは事実ですか?)

 

まとめ

まとめ

今回は「面接の逆質問」について述べてきました。

まとめると以下の通りです。

・逆質問は面接の最後にあり、絶対にするべき

・面接前に逆質問は準備しておく

・面接官が簡単に答えられるような質問をする

しっかりと準備して、内定をゲットしよう。努力あるのみです。

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

よっしー

【”英語”の付加価値であなたのキャリアを好転させる】|【勤務】日系大手メーカーの開発チーム|【英語歴】TOEIC860点、リーディング大学院、国際学会発表|【発信内容】英語×キャリア、バリキャリの日常コラム|【その他】男、27歳、サッカー、旅行、車、小説、ゲーム|パスポートすら持っていなかったボクでもTOEICがキッカケで人生が変わった。こんな経験に基づく情報をありのまま伝えていきます。

-転職・キャリア

© 2021 ECOC BLOG, All Rights Reserved.