ライザップイングリッシュの値段が高いのはなぜ?【トレーナーと効果】

悩んでる人

ライザップイングリッシュの値段が高いのはどうしてだろ?そんなにすごい講座なのかな?

  • こんな方に読んでいただきたいです
  • ライザップイングリッシュに興味がある人
  • 高額な授業料の理由を知りたい人
  • 値段に見合った価値があるのか知りたい
  • この記事の内容
  • ライザップイングリッシュの価格体系(基本情報)
  • 授業料の価値はあなたが得るリターンで変わる
  • 最低限の投資で英語力を身に付けるための方法

この記事の筆者である僕は28歳のサラリーマン。

日本で有数のグローバル企業で働いていることもあり、英語を使って仕事をしています。

今でこそ英語を仕事で使っていますが、元々は苦手分野でした。

しかし、大学時代に無理やり初めて続けていると、途中から楽しく感じ始めました。

結果的に英語学習が楽しくなり、今でも勉強を続けています。

英語はふとしたことがキッカケで楽しくなりますし、それが仕事に役立つことも多々あります。

そんな経験を皆さんにも味わって頂けたらなと思っています。

話を戻します。

今回は「ライザップイングリッシュの値段」について深堀していきたいと思います。

単純にライザップイングリッシュの口コミ・評判を知りたい方はまずはこちらの記事を読んでみて下さい。

また、オンラインレッスンについて詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

それでは本題に入っていきますね。

目次

ライザップイングリッシュの価格体系について

ライザップイングリッシュの価格設定

イザップイングリッシュのコース・価格の一覧は下記の通りです。

スクロールできます
コースレッスン数期間レッスン料
①無料体験レッスン1回 50分0円
②RIZAP ENGLISH ONE1回 5時間9000円
③ワークデイコース(オンライン)24回3ヶ月360,000円
④英会話コース16〜32回2〜4ヶ月32.8万〜57.3万円
⑤TOEICコース16〜32回2〜4ヶ月39.8万〜65.8万円

※無料体験レッスンとRIZAP ENGLISH ONE以外は入会金5万円が必要

一般的に「ライザップイングリッシュの授業料が高い」と言われているのは③〜⑤の通常レッスンになります。

最低でも30万円以上が必要となっています。

高額と言われていますが、④と⑤の3ヶ月プラン(50万円程度)は人気の講座となっています。

単純に50万円と聞くと、かなり高額に感じますね。

社会人の給料でも2~3ヶ月分ほどでしょうか?

とはいえ人気であることは事実なので、その理由を探ってみましょう。

マンツーマンレッスンの相場との比較

ライザップイングリッシュの価格だけをみると「授業料が高いな」というのは事実です。

マンツーマンレッスン業界の相場で価格を比較したいところですが、

残念ながらライザップイングリッシュのようなレッスンはプログリットしかありません。

毎日のようにサポートしてくれるサービスはレアですからね。

だからこその価格設定となっています。

ちなみに3ヶ月プランを比較してみると下記のように同程度の価格となっています。

ライザップイングリッシュ3ヶ月36万〜52.8万円
プログリット3ヶ月49.5万円

サービス内容も全体的に似ていますが、公式サイトもライザップのように気合が感じられますね。

ちなみに単なるレッスンのみの英会話スクールの相場も載せておきますね。

サービス料金/レッスン
英会話イーオン11,762円〜
Gaba5,500円〜
ECC外語学院18,814円〜
シェーン英会話7,700円〜
ベルリッツ6,600円〜
駅前留学NOVA5,500円〜
イングリッシュビレッジ2,310円〜
ワンナップ英会話6,600円〜
ミライズ英会話8,250円〜
マンツーマン英会話スクールのレッスン料金を徹底比較【12社比較】より引用

※あくまで概算値のため、正確な価格は公式サイトで確認ください。

やはり、ライザップやプログリットと比較すると、安価な設定となっていますね。

「安かろう悪かろう」ということはありませんが、ライザップほどのサービスをこの価格帯で実現するのは不可能です。

結論として「ライザップイングリッシュの値段が高いのはなぜ?」という問いの回答としては次のようになります。

  • 毎週コンサルなど手厚いサポートをしてくれる
  • それを実現できる優秀なトレーナーがいる
  • マンツーマンレッスンのため、生徒のやる気を引き出してくれる。

サービスの内容から生まれる違いは上記の通りですが、利用者の立場としてもう少し深堀して考えてみましょう。

ライザップへの投資に対するリターンという観点で進めていきます。

授業料の高いor低いはあなたが得られるリターンで変わる

英語スクール業界全体の中では、ライザップイングリッシュは高額の位置付けです。

しかし、マンツーマンレッスンという希少な分類ではプログリットと同等の価格帯となっています。

価格というのは絶対的な数字ではなく、相対的に考える方が分かりやすいです。

例えば、月収100万円の人と月収30万円の人では、ライザップの授業料50万円に対する考え方が異なります。

月収100万円の人にとっては月収30万円の人よりも安く感じるはずです。

50万円に対する重みが違うんですね。

これは現在の収入だけでなく、今後の見込みに対しても同様です。

その点について深堀していきますね。

英語を習得できた時に得られるリターン

価格が高いor低いは「その投資に対するリターン」を考えるのがおすすめです。

今回はライザップで英語を身に付けた時のリターンを考えてみましょう。

このような感じです。

  • 会社の昇進条件を達成でき、月給が3万円UP
  • 海外駐在の要件を満たすことができ、特別手当5万円ゲット
  • 高待遇の会社に転職でき、年収100万円UP
  • 就活で英語力が認められ、第一志望から内定ゲット

このリターンにより、「ライザップの授業料50万円がいつ回収できるのか?」を考えてみて下さい。

状況によっては半年ほどで元が取れることもあると思います。

ライザップも自己投資です。

「成長した自分がどれくらい稼げるのか?」が1つの判断基準になりますね。

金銭的リスクと時間的リスクを考える

自己投資に関してもう少し深堀していきますね。

個人的に非常に重要な考え方で、僕のベースを形成している考え方でもあります。

「リスクの低い投資はとりあえずやってみるでOK」

リスクというのは基本的にお金・時間のリスクです。

例えば、ライザップイングリッシュのリスクは「授業料50万円払って3ヶ月勉強したのに英語が身に付かない」ということになります。

50万円が低リスクだと感じる人は少ないと思います。

もちろんリスクの大きさは人によって異なります。

大勢の人は1000円の参考書を購入したり、月額500円の学習アプリに登録したりした経験があると思います。

これは金銭的なリスクが低いからですね。

でも、同時に時間というリスクは無視していることになります。

参考書での勉強、アプリでのトレーニングはもちろん英語力の向上に役立つと思いますが、最終的にあなたが求めていた結果が得られているでしょうか?

ほとんどのケースで答えはNOだと思います。

つまり、時間を失っているということにつながります。

金銭的にも時間的にもリスクの低い投資はなかなか見つからないかもしれませんが、目の前にあったら手に取ってみて下さい。

手に取った後に一度落ち着いて考えることを忘れずに。

ちなみに、ライザップイオングリッシュも無料レッスンがあるのでリンクを置いておきますね。

【無料レッスン】ライザップイングリッシュ

何を始めるにも遅すぎることはない

リターンについて、もう1つ考えることがあります。

「そこで得たスキルを何年使えるのか?」

これについても少し述べておきます。

結論から言うと、スキル次第です。

若ければ若いほど、長い間そのスキルを使うことができるので、若いに越したことはないでしょう。

しかし、ある程度の年齢になると、投資額を大きくできるので効率よくスキルを身に付けることもできます。

具体例でいうと下記のような感じです。

  • 大学生が月額2480円のスタディサプリで2年間勉強してTOEIC750点を獲得
  • 35歳会社員が月額15万円のライザップで3ヶ月勉強してTOEIC750点を獲得

これは投資に対するリターンの指標として「年齢」を出していますが、あくまで一例です。

結局のところ、何を始めるにも遅すぎることはありません。

何かを始めようと思った時が残りの人生で1番若い時ですからね。

他人と比べるのではなく、自分のモノサシで測ってみて下さい。

最低限の投資で英語力を身に付ける方法

投資という観点でも、リスクと同じように金銭的側面時間的側面があります。

ただ、「両立できるような投資を考えている時間がもったいない。」という意見もごもっともです。

元々、「ライザップイングリッシュはなぜ高額なのか?」というテーマで始めていたので、最後もお金に絞って述べていきます。

「金銭的に最低限の投資で英語力を身に付けるにはどうすればいいのか?」

その答えは、独学です。

イマドキの独学とは?

独学といっても、全て単独で勉強するのはやめておきましょう。

今は便利な世の中なのであらゆる情報に簡単にアクセスできます。

つまり、「独学=ネット上で情報収集しつつ、個人で勉強」ということです。

その中で無料レッスンや無料体験などを通して、勉強方法を盗むのも効果的です。

例えば、僕がイチからTOEICの勉強をするなら下記の手順で進めます。

  1. 信頼できるTOEIC勉強発信者を複数探す
  2. ライザップなど有名スクールの体験レッスンで学習方法を調査
  3. 本当に必要な参考書・単語帳を購入
  4. ①と②の学習方法を自分の生活スタイルに落とし込んで計画を立てる
  5. 日々学習を積み上げる
  6. モチベーションが落ちないように①のYouTUbeやブログを毎日チェック

このような感じです。

ポイントは「どのような学習方法を採用するか?」「どのようにモチベーションを維持するか?」です。

TOEICに関しては、このブログでも学習方法を解説しています。

良かったら、参考にしてみて下さい。

【結論】英語力が今すぐ必要なのか?数年後なのか?

長々と述べてきましたが、まとめに入ります。

結局のところ、ライザップイングリッシュの価格「あなたがどれくらい英語を必要としているのか?」次第です。

今すぐに英語力が欲しいのであれば、コーチングスクールは非常に効果的ですし、リターンも十分に見込めます。

しかし、「数年後には何とか英語を…」というようなスケールで考えているならば、とりあえず独学でOKです。

重要なことは「あなたがどうなりたいのか?」です。

すぐに答えを出すのは難しいかもしれません。

何も思い浮かばないなら、ライザップの無料レッスンを体験してみるのもありですよ。

普段の生活では関わらないハイレベルな人たちと話すことで何かキッカケを掴める可能性もあります。

「リスクが低いなら、とりあえずやってみるでOK」

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

nineteen − three =

目次
閉じる