よしコラム

【コラム】ボクが英語を勉強した理由と、その先の人生【学習のキッカケは些細なこと】

今回はこんな質問をよく頂くので答えていきたいと思います。

「よっしーさんって何で英語を勉強したんですか?」

※このカテゴリーではこんな日常の思いつきコラムを書いています。

 

「ボクが英語を勉強した理由と結果、その後の人生」

 

について述べていきます。

とはいっても、これを読んだら英語力が上がるっていう話ではなくて、

 

「こんなやつでも英語を習得できたんだ」

 

と、自信を付けることができます。

 

誰でも英語は習得できることが分かると思います。

 

 

ボクが英語学習に取り組んだ理由


ボクは大学3回生の頃に
英語学習を始めました。

 

当時の英語学習の背景は大学受験のみです。

 

机上の学習のみなので、
外国人に話しかけられると冷や汗が出ました。

 

TOEICでいうと485点でした。
(大学入学当時は530点なので少しレベルダウンしてました…)

 

そんな全く英語学習に興味のなかったボクですが、
ちょっとしたキッカケで勉強を開始することになります。

 

それは
就活で苦労した先輩からのアドバイス
です。

 

「お前も就活で言えることないやろ?TOEICの点数くらいないとヤバいぞ!」

 

普通だったら、こんな言葉響きませんよね。

 

でも、その先輩には可愛がって貰い、
本当に尊敬できる人でした。

 

そんな人でも就活では評価されない。
「じゃあ、ボクはどうなるの?」

 

こんな将来への不安に直面したことが
TOEIC学習のキッカケです。

 

良くも悪くも
意外と正直者の小心者なんです。

 

 

TOEIC学習に取り組んでいる時の精神状態


英語学習を始めた当初は全く続きませんでした。

 

「さあ、やるぞ!」と意気込んでも3日で終わる。
文字通り三日坊主です。

 

こんな感じで、
やる気→辞める→やる気→辞める→…
を繰り返してました。

 

もちろん学習は進みません。
成長してる感ゼロです。

 

振り返った時に「あれ?あの時からもう3ヶ月?」
時間を無駄にしてる感しかありませんでした。

 

参考書が悪いんじゃないのかと疑い、
勉強を再開する度に新しいものを買っていました。

 

おかげで英語の参考書は山のように持っています。
(今も思い出として実家の本棚に並んでいます)

 

このように時間もお金も無駄にし、
メンタル的にも落ち込んでいました。

 

「あー、やっぱりボクは才能ないのかな?」
気づいたら、こんな言い訳を考えてました。

 

やらない理由を考えることに疲れ始めていたのが事実です。

 

英語学習に訪れた転機


そんな英語学習に熱中できないボクでしたが、
転機が訪れました。

 

当時のボクはネットや書籍で多くの情報を取り入れていました。

 

・ネットの有名発信者
・ベストセラーの書籍
・その他、有象無象の情報

 

正直なところ、帰国子女?海外留学?
ボクはそんな経験ないし、同じ勉強で良いのかな?

 

こんな気持ちが芽生え始めていました。

 

そこで、何かを変える必要があると思い、

 

「自分と同じような経歴を持つ人」が発信する情報

 

これにフォーカスして学習を再開しました。

 

・その人が勧める参考書を使用
・その人の動画を寝る前に聞き流し
・その人の学習方法に完全に従う

 

その人はYouTubeの登録者数は数百人で
控えめにも動画は綺麗ではなかったです。

 

ただ、自分と同じような環境で育ち英語を勉強し、
TOEICで結果を出しているという1点だけを信じました。

 

結果的に大正解でした。

 

取り入れるべき情報が必要最低限になり、
本来時間をかけるべき学習に集中することができました。

 

また、全ての情報が自分事としてインプットできるようになりました。

 

問題だった”継続”という点も隙間時間でその人の記事や動画により、

意識を高めることができました。

 

そんなこんなで勉強開始から6ヶ月後には860点まで伸ばせました。

 

※ちなみにですが、その間は友達や彼女との遊びも控えてました。

 

TOEIC学習に取り組んだ結果


学習の結果をおさらいすると、

 

TOEIC学習の情報収集を1点に絞ることで
迷いがなくなりました。

 

その結果、半年間で500→860点まで伸びました。
当時は大学3回生でした。

 

TOEIC860点を取得後、平凡の田舎出身のボクはこんな風に変わりました。

 

・さらなる英語学習の機会が得られた
・大学院試験の英語試験免除
・科学論文の執筆に役立った
・リーディング大学院入試に役立った
・就活受けが抜群に良かった
・会社での昇進要件を入社時に満足
・TOEIC学習を今後ゼロからやる必要なし

 

他にも細々したことはありますが、

控えめに言ってもTOEICがキッカケで人生が好転しました。

 

ボクの場合は大学生でしたが、

早くて良かったとも、遅くて後悔したとも思っていません。

 

正直なところ、「あー、高校生の頃にやってたらな…」

と思ったこともありますが…。

 

実際に現在27歳ですが、
会社の同期や上司も学習している人は多いです。

 

重要なことは「TOEICを始めるのに遅すぎることはない」ということ。

 

必要だと思った時が取り組むべきタイミングです。

 

我々の人生の中で1番若いのは今現在この時ですからね。

 

TOEIC学習で掴んだ「何か」で豊かな人生へ


TOEICで860点を取得して人生が好転した話は先ほどの通りです。

 

ただ、数年経って振り返ると、

TOEICのスコア以外にも大きなものを掴んでいました。

 

これは言葉でいうとチープに聞こえますが、
「自信」のようなものです。

 

日本の学校教育でしか英語を学んでいませんでしたが、

TOEICで860点を取得して英語できる勢の仲間入りができました。

 

この経験を通して、
自分の努力次第で結果を残すことができるという
成功体験を得ることができました。

 

これは経験則に基づく予想ですが、
成功体験は大きな自信になります。

 

・面白そうだし、やってみようかな?
・TOEICもできたし、これもできるでしょ?
・これができたら、どんな人生になるかな?

 

このように何かに挑戦する際にポジティブな結果を予想することができます。

 

ポジティブ思考は行動を加速化できますし、
新しいことに取り組みやすくなります。

 

このサイクルが自然と形成された結果、
確実にボクの人生は豊かになりました。

 

そんなボクが発信する英語学習法は?


当たり前ですが、TOEICは就職活動や仕事幅の拡大などに役立ちます。

 

ただ、それ以外にも先ほど述べた「成功体験」を得ることができ、

人生をより良くすることができます。

 

TOEICに取り組んでいるなら、

このようなことを頭に入れて、

やる気の足しにして頂けたらなと思います。

 

ちなみにですが、TOEIC720点を取るために必要なことをまとめた資料を無料配布中です。

※私の経験から費用対効果の高い方法を抜粋しています

 

良かったら、読んでみて下さい。

 

テクニック集の詳細は下記の通りです。

 

【参考】TOEIC720点到達へのテクニック集【無料配布中】

あなたの学習をサポートする教材を作りました。

「TOEIC720点到達へのテクニック集」

このブログで述べている重要なテクニック学習方法を詰め込みました。

特徴としては下記の通りです。

  • PDFファイルでスマホでも快適
  • 全36ページでPartごとに集約
  • 期間限定の無料配布中

※TOEIC学習者のお悩みを知るために現在は無料で配布しています。

パスポートすら持っていなかった平凡な田舎者(筆者)が半年で500→860点達成した経験を基にしています。

簡単に言えば、誰でもスコアを伸ばせる方法です。

下記の記事で紹介しています。

もし良ければ、読んでみて下さい。

【無料配布】TOEIC720点到達へのテクニック全集【もう情報収拾は不要です】

 

最後になりますが、LINE@やTwitterのDMで質問や相談も受け付けています。

何か分からないことや困ったことがあれば、お気軽に相談して下さい。

・公式LINE@(よっしー@TOEIC

・Twitter(よっしー@大手勤めのTOEIC講師

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

よっしー

【”英語”の付加価値であなたのキャリアを好転させる】|【勤務】日系大手メーカーの開発チーム|【英語歴】TOEIC860点、リーディング大学院、国際学会発表|【発信内容】英語×キャリア、バリキャリの日常コラム|【その他】男、27歳、サッカー、旅行、車、小説、ゲーム|パスポートすら持っていなかったボクでもTOEICがキッカケで人生が変わった。こんな経験に基づく情報をありのまま伝えていきます。

-よしコラム

© 2021 ECOC BLOG, All Rights Reserved.