よしコラム

【コラム】実は集中することは気持ち良い?【生活に溢れる集中への誘惑】

今回はこんな独り言を気ままに綴っていきます。

「実は人間ってみんな集中するのが心地良いんじゃないの?」

※このカテゴリーではこんな日常の思いつきコラムを書いています。
 

早速ですが、こんな質問を投げさせて下さい。

 

よっしー
みんな集中している時って心地良くないですか?

 

こんな声が聞こえてきそうです…。

集中すると疲れるし、しんどいイメージがあるな〜…。

 
そもそも「集中」ってなんなの?

こんな疑問が湧いてきますね。

正直なところ定義も曖昧ですし。

パッと思い付くイメージはこんな感じでしょうか?

  • 夢中になっている状態
  • 周りが気にならない状態
  • 意識を全て1つに向けている状態

間違ってはないと思います。

ボクもそう思っていました。

ただ、Twitterで興味深い情報に巡り会えました。

それはこんなこと。

「集中」している時は瞬き(まばたき)の回数が1分間に3回程度しかしない

ちなみに、平常時は1分間で15回くらいするみたいです。

※元ツイートを保存できていなくて、申し訳ないです。
※瞬きの回数も正確ではないかもしれません。
※科学的根拠があるとかないとか。

 

よっしー
え?面白い!!これは新鮮!

 
ボクの感想です。

というのも、色々と日常生活と繋がったからなんです。

 

このコラムでは「集中=瞬きの回数が現象している状態」として話を進めていきます。

集中をこう捉えると、

「あれ?人間って集中すること好きなのかな?」

このように日常に新しい発見を見出すことができます。

簡単に言えば、

ちょっとした考え方の違いで新しい価値観に触れられる

ということです。

そもそもコラムって、そういうものだと認識しています。

では、具体例に紹介していくので、日常とのリンクを体感して下さい。

 

よっしー
Are you ready?
え? Yes, I am.

 

 

実は集中することは気持ち良い?【だからボクたちは〇〇するのか?】


前置きが長くなりましたので、早速具体例に入っていきますね。

「集中=瞬きの回数」と定義した時に、

思い付いた日常の具体例はこんなことです。

  • ゲームなどの娯楽
  • YouTubeなどの視聴
  • 寝ること(極端ですが…)

共通点は「手軽に集中できる」点です。

※ちなみに全て私の好きなことです。

具体的に見ていきましょう。
 

ゲームなどの娯楽

ゲームなどの娯楽は手軽に集中モードに入ることができます。

実際に私もゲーマーの1人ですが、

「気づいたら瞬きしてなかった!!」

こんなことは日常茶飯事です。
 

ゲームというとコアに聞こえるかもしれませんが、スマホアプリまで拡張してみましょう。

(もはやゲームなのか曖昧ですが…)

  • 友人のSNS閲覧
  • LINEでのグループチャット
  • スマホのソシャゲー

全て、スマホ1台でどこでもいつでもできることです。

こんなお手軽さがあるからこそ、単純なポチポチするだけのゲームが何百万ダウンロードを記録したりするんじゃないでしょうか?

※私もパズドラ、モンストとしっかり課金して楽しんでいました。

スマホを触っている時を思い出してみて下さい。

「瞬きの回数が減っていませんか?」

 

YouTubeなどの視聴

YouTubeを観てる時も意外と集中してると思います。

NetflixでもAmazonPrimeでも同じです。

共通しているのは、やはり手軽なところ。

スマホでアプリをタップする。

たったそれだけです。

このような視点で考えてみると

動画を視聴することも集中と言えるんじゃないでしょうか?
 

寝ること(極端ですが…)

ここまで書いてきて、言うのもアレですが、

こんな疑問が突然湧いてきました。

「集中=何かをすること」なんじゃない?

一瞬、焦りました。

と言うのも、ここまで書いてきた文章を全てDeleteしないといけないからです。

でも、安心して下さい。

何もしていない状態も「集中」してる?

このような具体例があるからです。
 

既に見出しに記載しているのでネタバレ感がありますが、

こちらです。

寝ること

「寝ている状態」は何も考えずに、ただそれだけに特化していますよね。

ただ問題点が1つ。

瞬きの回数が減少するどころか、ゼロになってしまうということ

「瞬きの回数=集中力のレベル」が科学の世界で見つかったものだとすると、

ゼロと言うのは、科学的にも特異な数字になるんですね。

「どんな数字もゼロで割ることはできない」

最も簡単で身近な数字こそ、謎が多いということです。

睡眠も毎日何気なく取っていますが、その正体はよく分からないですもんね。

 

まとめ:手軽に集中モードに入れるけど…


まとめるほどのことはありませんが、

最後に個人的な見解を述べてみます。
 

ここまで「集中=瞬きの回数」として、色々述べてきましたが、

やはり、こう思います。

集中することは快感

でも、集中力は限られています。

とある人の集中力の上限が100だとしましょう。

そして、集中するとポイントがなくなる。

例えば、

  • スマホゲームを10分:10ポイント
  • YouTubeで動画2本:20ポイント

このようにして消費していく。

そして、ゼロに近づくと「寝ること」が必要となる。

食事や運動など生活の質で集中ポイントは50にも200にも変化します。

「寝ること」に夜回復量もその質で変わってきます。

何が言いたいのかというと、

集中力=俗に言う「体力」

これだけです。

逆説的に考えれば、

体力を全く消費しないのは人間に取って苦痛

だと言うことです。

じゃあ、「どのようにして体力を使うべきか?」という話になります。

それは、もちろんTOEIC学習に使うべきですよ。

(無理やり感がすごいですね。。。)

TOEICで人生が好転した経験を発信しています。

もし良ければ、下記の記事を読んでみて下さい。

こんな意味不明な思考を持つボクでも半年で500→860点を達成できました。

では、「集中力の無駄遣い」は控えめに。

 

【参考】TOEIC720点到達へのテクニック集【無料配布中】

あなたの学習をサポートする教材を作りました。

「TOEIC720点到達へのテクニック集」

このブログで述べている重要なテクニック学習方法を詰め込みました。

特徴としては下記の通りです。

  • PDFファイルでスマホでも快適
  • 全36ページでPartごとに集約
  • 期間限定の無料配布中

※TOEIC学習者のお悩みを知るために現在は無料で配布しています。

パスポートすら持っていなかった平凡な田舎者(筆者)が半年で500→860点達成した経験を基にしています。

簡単に言えば、誰でもスコアを伸ばせる方法です。

下記の記事で紹介しています。

もし良ければ、読んでみて下さい。

【無料配布】TOEIC720点到達へのテクニック全集【もう情報収拾は不要です】

 

最後になりますが、LINE@やTwitterのDMで質問や相談も受け付けています。

何か分からないことや困ったことがあれば、お気軽に相談して下さい。

・公式LINE@(よっしー@TOEIC

・Twitter(よっしー@大手勤めのTOEIC講師

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

よっしー

【”英語”の付加価値であなたのキャリアを好転させる】|【勤務】日系大手メーカーの開発チーム|【英語歴】TOEIC860点、リーディング大学院、国際学会発表|【発信内容】英語×キャリア、バリキャリの日常コラム|【その他】男、27歳、サッカー、旅行、車、小説、ゲーム|パスポートすら持っていなかったボクでもTOEICがキッカケで人生が変わった。こんな経験に基づく情報をありのまま伝えていきます。

-よしコラム

© 2021 ECOC BLOG, All Rights Reserved.